So-net無料ブログ作成

エアコン室外機の騒音低減 [misc]

最近の寒さにエアコンが活躍していますが、夏の間はあまり気にならなかったのに、最近は、頭がクラクラするほど室外機の低周波騒音に苦しんでいました。
ネットで検索すると、冷房に比べて暖房時は消費電力が大きいとのこと。
つまり室外機にかかる負荷が大きいということで、振動・騒音も大きくなります。
今年の4月に引っ越してきた我が家は、築40年。木造2階建て。2階のベランダに室外機を2台設置しています。
ベランダはアルミ製。床が樹脂製で歩くとギシギシいうやつです。明らかに振動に弱そうです。
そのベランダの下に私の作業部屋があるので、モロに振動が伝わって悲惨な目に遭っているというわけです。
どこにも頑強な構造物がないので振動を押さえ込むことは出来ませんが、何とかしないと気が狂いそうです。
対策をいくつか試してみたので、順番に書き出します。
1,樹脂製の架台の下に防振ゴムを配置。防振ゴムは、黒色で厚さ15mm。表裏(どっちが表かわからないが)に縦・横の溝があるもの。これはまったく効果無し。
2.樹脂製の架台を外して代わりに普通の煉瓦を置き、室外機と煉瓦のあいだに防振ゴムを入れてみた。
 多少騒音は減ったみたい。だが、まだ頭がクラクラする。
3,上記2に防振ゴムをもう1段追加。ちょっと良くなった気がするが気分の問題??
4,防振ゴムを1段に戻して、煉瓦と防振ゴムのあいだに「安心クッション 半月型」という物を挟んでみた。
 これは効果抜群です。
株式会社カーボーイというところで販売しているものですが、近所の量販店で見つけました。
材質はニトリルゴム(発泡ゴム)でΦ50mmの円柱を半分に切断したイメージて半月型になっています。
触った感じはプヨプヨしていて気持ちいい。衝撃吸収力が良さそうです。狭い駐車場でドアを開いたときにうっかり壁にぶつけて傷をつけてしまうのを防ぐ物です。
防振用に平型もありますが、厚さが8mmと薄いので半月型のほうで良かったと思います。
材質が柔らかく厚みもあるので、室外機を手で揺さぶるとボヨンボヨンと揺れます。
安定性に問題アリかもしれませんし、配管を痛めてしまわないかという心配もあります。
が、これでしばらく様子を見ましょう。

最近気付いたのですが、1階和室の畳にベタ置きしていた家具類の下にカビが発生しました。
1個や2個じゃなくて全部です。湿気が多いということなんですが、湿気に呼ばれたのか畳を食う虫も発生!!
虫はまだ見ていないけど、畳2枚3カ所に穴が空いていました。ガックシです。
憂さ晴らしに玄関脇の外壁に床下通気口ということで、デッカイ穴を明けてやりました。以上。
P1000836_1.JPGP1000846_1.JPG


今日はペンキ塗り [趣味]

10/19(水)今日は仕事がなかったので、楽しい工作の一日となりました。
4月に引っ越してから解体、放置していたコーナー棚を改造して、普通の棚に作り替えておいたものにペンキを塗りました。
ペンキは作り付けの下駄箱に塗った焦げ茶(つや消し)と、砂壁に塗った白(つや消し)の残り物を使いました。
木材もペンキも残り物です。捨ててしまうよりは役に立てたほうが良いし、工作のネタになるのがなにより嬉しい!!!
出来映えはまあまあかな。
設置場所は下駄箱の上です。これでグチャグチャの玄関が少しは綺麗に片付くと思います???
次は、ブロック塀を撤去する予定ですが、築40年なので塀の下がどうなっているか不安です。もしかしたら空洞になってたり・・・自分では手に負えないような事態が大いに予想されるので、工務店さんにお願いします。
撤去した後も綺麗にしてもらおうと考えています。
20161020.jpg

PC掃除用にブロアー買いました [パソコン]

PCの掃除をするためにエアーコンプレッサーが欲しいなぁと、この数年考えていましたが、置き場所や騒音、それに耐久性とか価格とかいろいろ観てるうちに、ブロアーを使っている方がけっこういることに気付きました。
価格的にはまったく問題無いとして、、、騒音がひどいようです。
お隣の家とは、人がやっと通れる程しか離れていない密集地域なので、騒音は何とかしないといけないです。
そこで、ブロアー本体は家の中に置いて、作業は外でやれば良いかも。。。と考えて、購入に踏み切りました。
本体に洗濯機の排水ホース4mと、ホースの先端に掃除機のすき間ノズルを付けて、これで完成!!
試運転では、けっこうな風量が得られました。
回転数を最大にすると騒音がものすごいので、更に本体を段ボール箱に入れてみたら、
だいぶ軽減されることがわかりました。
まるで小学生の時の工作みたいで楽しいですね。こんなことばかりやって勉強などしなかった昔を思い出してしまいます。
これで、「いつか」PCの掃除をする予定です。

P_20161009_131337A.jpg

CPUクーラーのファン交換 [パソコン]

昨夜注文しておいたファンが届いたので、早速交換。
型番とスペックは、まず古いのが
サイズ SY1225SL12LM-P 
ベアリング:スリーブベアリング
定格電圧:12V
ケーブル長:30cm 
回転数:0(+200)~1300rpm(±10%)(PWMによる可変)
ノイズ/風量:0dBA/0CFM ~ 26.50dBA/74.25CFM 
定格電流:0.18A
本体重量:117g

新しい方は
サイズ SY1225DB12M-P
回転数:200+300rpm ~ 1300rpm±10%
ノイズ / 風量:0.02~1.0mmH2O / 0.20~9.81Pa
静圧:0.02~1.0mmH2O/0.20~9.81Pa
定格電圧・電流:12V / 0.17A
ベアリング:日本製高精度ボールベアリング×2
寿命:MTTF35万時間(25℃)
重量:122g

ノイズ / 風量の表記が違っているが、箱には
3.0dBA/9.8CFM ~ 26.50dBA/74.25CFM 
と書いてあります。
大きな違いは、新しい方がボールベアリングを搭載していること。それ以外は同じです。

P_20160922_184851A.jpg

←こちらがパッケージと現品です。
交換してみた感想は、
まず、微振動が減りました。
古いファンがゴゴゴゴゴーって音を立てて振動している時は別として、静かにまわっているときでも、微振動がありました。古いせいもあると思いますが。モーターがはいっているので、回転に伴って振動するのは当然でしょう。
新しい方は、その微振動がかなり減っています。手で触った感触なので表現が難しいですが、確実に振動は減っていました。良い買い物をしました[手(チョキ)]
[手(チョキ)][手(チョキ)]

 
 
 
 
 

PALIT GeForce 9600 GTの爆音問題解決 [パソコン]

2009年頃購入したPALIT GeForce 9600 GT。初期モデル。購入して一ヶ月もしないうちにGPUクーラーがガリガリ音を発するようになってしまった。
ファンを分解してグリスを注入したら、なんとか今まで生きている。
しかし、風切り音がものすごくて「爆音」で有名??なほど。一日仕事をしているとあたまが可笑しくなりそう。
7年もガマンしたんだから今更と思ったが、やっぱり静かな方がいいよなあとGPUクーラーをネットで探したけれど、
近ごろはノーマルでそこそこ良いものがくっついているせいか、後付けのクーラーは品数が少なくなっている。
一番の原因は、古いボードを何時までも使っているのせいなんだけれど。。。
こんな古いボードにお金かけるのもばからしいので、700円の8cmPCケースファンを取り付けることにした。
回転数の制御はどうなってるかというと、ファンのコネクタが2pinなので電圧制御らしい。
さすがに初期バージョンですね。基板には4ピンのコネクタが実装できるように穴が空いている。
↓こちらがケースファンをつけたお姿です。ボードの下側の拡張スロットには何もさしていないので、スペースは問題なし!!

P_20160921_183237A.jpg非常に静かです。交換前は43度前後だったのが交換後は40度ほどで安定しています。
これで、鬱陶しい爆音ともおさらばです♪。
とか何とか言ってると、今度はCPUクーラーがゴゴゴゴーって振動し始めました。
叩くと少しのあいだは静かです。これは非常にヤバイです。
あすはCPUクーラーのファンを交換します。
お楽しみに!!


ご無沙汰 約2年ぶりでございます [パソコン]

ちょっと時間が空いたので自分のブログをのぞいたら、もう2年もご無沙汰していました。
いろいろあってお休みしていましたが、ようやく全てが落ちつきを取り戻してきたところで。
昨日と今日でパソコン周りをいじくりまわして、なんとか使えるところまでこぎ着けました。
目標は2つあって、
(1)パソコンの2階建て化
(2)1台PC2画面に加えて、もう1台のPCで合計3画面を、ある程度シームレスで使えるようにする

(1)は力尽くでスチールの棚を使って、右端の白い箱とその上の黒い物体が2台のPCです。
(2)3個目のディスプレイは「若井産業 WAKAI DWS90 [ディアウォール 上下セット]」いわゆるツッパリユニットと木材で
窓枠に22インチLCDを固定しています。
これに、「Mouse without Borders 」(制作者 Microsoft Garage)をインストールして、1組のキーボードとマウスで
2台のPCを操作できるようにしました。
キーボードorマウス共有ソフトは他にも2つ試しましたが、自分はこれを選びました。
それと、ネットワークでファイルorフォルダに対して「特定のユーザーに共有」設定をしてやれば、ほぼほぼ不自由なく操作
できるようになります。
あと、Team Viewerも併用すれば大体のことは出来るかなあと思います。

20160605.jpg

HD4350 PCI-E(R71BL)DDR2 512MB DVI [パソコン]

おんぼろの予備機で、前触れもなくブルースクリーンになってしまう現象が最近増えていて、
グラフィックボードがおかしい??と気付いて抜いておいた。
さっきからしげしげと眺めていたら、ヒートシンクと何かがくっついて見える。
基板とのクリアランスを確保するためにゴム?みたいなものが4カ所はさんであるのは
確認できたが、その物体は光って見える。老眼でよく分からない。
ヒートシンクを外してみたら、2カ所のチップコンがヒートシンクと接触していた。写真赤丸2カ所。
今更遅いが、こんなもの作るな!買わせるな!プリプリ[ちっ(怒った顔)][ちっ(怒った顔)]
P1000570A.JPG


一日何回クリックしてるか? [パソコン]

今日は2万回コースです。
指の関節が痛いです。[たらーっ(汗)]
capture-20140604-175612.jpg


楽しい電子工作+温度計キットの組立て 合体!! [趣味]

忘れた頃に書き出します。
温度計キットの組み立てが終わったのが昨年(2013年)の七月末でした。これと電子負荷回路を合体して、一応、完成し、動作試験まで終えたのですが、掲載するタイミングが、、、、というか、サボってしまいました。
申し訳ございません。
電子負荷の回路図とI-V特性を示します。
denshifuka.jpg実際に使用したFETはフェアチャイルド製のFQA140N10ですが、SPICEモデルがなかったので適当なコンポーネントを置いています。
コンパレータは手元にあったLM358です。
放電するバッテリーは2V/60A~12V/10A程度を目標に、部品常数を決めています。
放電電流の制御はあまり精密さを要しない目的なのと、回路が破壊しない程度で運用する前提なので、電流制限などの保護回路を省略して簡便にしています。

raw.jpgただ、5時間~10時間も電流を流し続けることから不慮の事故を防止するために、ヒートシンクの温度を監視して電源を遮断する回路を、温度計キットを流用して実装し、更に放電電流に応じたブレーカーを外部に接続して運用することにしました。

電子負荷回路と温度計を合体して、タカチのアルミケースMB-26に収め、電子工作は完了となりました。
昨年の8月中旬でしたが、私が活動している部屋はエアコンがないので室温35度の環境で、バッテリーの代わりにパソコン用の12V電源を接続し、電流約17Aを流して約200Wの電力損失で1時間程度のテストを行ったところ、ヒートシンクの温度が45度程度で安定した動作を確認しました。正直、暑すぎてやめました。
話が前後しますが、仮組状態で2Vのバッテリーで50Aの電流を流すテストを行ったときは、電力損失100Wなので回路の方は全く問題無く動作していました。
ところが、回路とバッテリーを接続している極太の電線=トラック用のブースターケーブルと、圧着端子が大電流のために発熱してしまい、早々にテストを中断してしまいました。
極太電線は黒ずんでいて見るからに質が悪いためで、圧着端子は、圧着部が細くなってしまうことから発熱してしまうようです。良質の電線を使うことと、圧着端子は目的の容量の何倍か?大容量のものを使わなければならないですね。
現物は、ただ今貸し出し中で手元にないので写真もありません。正常に動いているようです。
お粗末な報告で申し訳ございませんでした。何時の日か写真をアップします。


HDD換装の一部始終 [パソコン]

久々の投稿です。この3ヶ月急に忙しくなって。。。良いことなんですけどね。
そういえばこのHDD WD6400AAKS-22A7B2は3年以上使ってるなーって。
そろそろヤバイかもってショップやネットでいろいろ物色していました。

やっと踏ん切り付けて、ネットで購入したのが WD10EZEX-00RKKA0 1000.2GB 
2Tとか3Tとかあるけど、デカイのもトラブったとき面倒だし価格もね。
これくらいがちょうど良いです。
ショップを覗いていて不思議に思ったのが、Win7,8対応とかXP非対応っていう表示があること。
ショップの店員さんが手書きでポップ作ってくれてるんですね。
最近のはよく分からんなーと素通りしてきたのですが、いざ換装ということで調べてみるとAF(アドバンスドフォーマット)
物理セクタが従来の512バイトだったのが4096バイトになっているそうです。
OSはWin7なので問題なさそう。
それで、WDのサイトには、まずINTELドライバーを最新にしろと。それからHDDのクローンを作成した場合はWD Alignを実行せよと書いてあります。
そうそう。クローン作成ではTrueImage2010はAFには非対応でした。これはしようがないので2014を購入。
そもそも、なぜTrueImageなんか使ってるの???って聞かれると思います。
が、毎日の作業後のバックアップ。数ヶ月または環境を変えたときのディスクまるごとバックアップ。それにHDDのクローン作成が1個のアプリケーションで出来ること。そして、たまたま全くトラブルがなく使えているので継続して使っているというわけです。
本題に戻ります。
実際に換装作業をしてみるといろいろ問題が出てきましたが、一連の作業手順を列挙します。
(1)先ず、旧HDDのままでINTELドライバーを最新にアップデートします。
(2)次にTrueImage2014をインストールするのですが、問題発生。
Windowsインストーラの問題で致命的なエラーが発生しました。とメッセージが出て中断されてしまいます。
10回ぐらいやったかな??MSでもACRONISでもどこを調べても有効な情報はなし。
途方に暮れてしまったので、ダメモトでWindowsUpdateからセキュリティなんチャラ4個とIE11をインストールして再挑戦。
見事にTrueImageがインストール完了しました。これで4時間くらいかかった。最低!!
(3)TreuImage2014でHDDのクローンを作成。
(4)新HDDからWindowsを起動。WD Alignをインストール→実行すると、実行不要って英語でメッセージが出た。
ということは、TrueImageでクローンを作成したときに同じ操作を実行してくれていたということなんでしょうね。
更に確認。ファイル名を指定して実行→msinfo32 と入力して、表示されたシステム情報のうち、ディスクの項目の中にパーティション開始オフセット 1,048,576 バイト (4096の整数倍)と表示されていればとりあえずOKみたいです。
(うちはパーティション1個なので)
上の方に バイト/セクター 512  って書いてあるけど、OS側からは512に見えるそうで問題ないらしいです。
あれ?TrueImage2014は不要だったってことですかね-???もう買っちゃったし。

WD Align をダウンロードするときにアカウントを作りましたが、ちゃんと製品登録したつもりでも出来てなかったり、
他にこれといって出来ることはなさそうだし、意外なところで時間を使ってしまいました。
まーこれで当分は安心して仕事が出来そうです。

そうそう。dynabook AX/52F が10月に逝きました。歴代のデスクトップのMB等々もあり、邪魔なので廃棄しようとネットで調べていたら、川崎区に無料で引き取ってくれる業者さんがありました。スーパーカブに載せて現地まで行ったのですが、最後まで場所が分からず帰ってきて宅急便で送りました。なにやってるんでしょうね。
PDFの文書や図面を表示させていたdynabookの代わりに、中古の液晶ディスプレイRDT17GSを購入しました。
10年以上前のものです。これでやっとデュアルディスプレイになりました。
サイトには汚れや傷あり。と説明があり、実際お店まで行って受け取ってみると、やっぱ汚い。
でも、粘着材は灯油で取れたし、画面の傷と思われたスジも灯油で取れてしまいました。
傷ではなくて、なにかで擦った後なんでしょうね。ノングレアなので、画面表面の細かい凹凸に粒子が入り込んでいるようです。当時は7万円くらいだったのが3千円でした。
昔は高かったんですね。びっくりです。
持ち帰りのために、店員さんがネジ止めしてあるスタンドを外して袋に入れてくれたんですが、組み立てようとあけてみてびっくり。ネジが入ってませんでした。笑っちゃいました。(言いたいことあるけどここでは書けない)
うちにあるネジをぶち込んでやりました。
またしばらく冬眠します。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。