So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
- | 次の10件

HDD換装の一部始終 [パソコン]

久々の投稿です。この3ヶ月急に忙しくなって。。。良いことなんですけどね。
そういえばこのHDD WD6400AAKS-22A7B2は3年以上使ってるなーって。
そろそろヤバイかもってショップやネットでいろいろ物色していました。

やっと踏ん切り付けて、ネットで購入したのが WD10EZEX-00RKKA0 1000.2GB 
2Tとか3Tとかあるけど、デカイのもトラブったとき面倒だし価格もね。
これくらいがちょうど良いです。
ショップを覗いていて不思議に思ったのが、Win7,8対応とかXP非対応っていう表示があること。
ショップの店員さんが手書きでポップ作ってくれてるんですね。
最近のはよく分からんなーと素通りしてきたのですが、いざ換装ということで調べてみるとAF(アドバンスドフォーマット)
物理セクタが従来の512バイトだったのが4096バイトになっているそうです。
OSはWin7なので問題なさそう。
それで、WDのサイトには、まずINTELドライバーを最新にしろと。それからHDDのクローンを作成した場合はWD Alignを実行せよと書いてあります。
そうそう。クローン作成ではTrueImage2010はAFには非対応でした。これはしようがないので2014を購入。
そもそも、なぜTrueImageなんか使ってるの???って聞かれると思います。
が、毎日の作業後のバックアップ。数ヶ月または環境を変えたときのディスクまるごとバックアップ。それにHDDのクローン作成が1個のアプリケーションで出来ること。そして、たまたま全くトラブルがなく使えているので継続して使っているというわけです。
本題に戻ります。
実際に換装作業をしてみるといろいろ問題が出てきましたが、一連の作業手順を列挙します。
(1)先ず、旧HDDのままでINTELドライバーを最新にアップデートします。
(2)次にTrueImage2014をインストールするのですが、問題発生。
Windowsインストーラの問題で致命的なエラーが発生しました。とメッセージが出て中断されてしまいます。
10回ぐらいやったかな??MSでもACRONISでもどこを調べても有効な情報はなし。
途方に暮れてしまったので、ダメモトでWindowsUpdateからセキュリティなんチャラ4個とIE11をインストールして再挑戦。
見事にTrueImageがインストール完了しました。これで4時間くらいかかった。最低!!
(3)TreuImage2014でHDDのクローンを作成。
(4)新HDDからWindowsを起動。WD Alignをインストール→実行すると、実行不要って英語でメッセージが出た。
ということは、TrueImageでクローンを作成したときに同じ操作を実行してくれていたということなんでしょうね。
更に確認。ファイル名を指定して実行→msinfo32 と入力して、表示されたシステム情報のうち、ディスクの項目の中にパーティション開始オフセット 1,048,576 バイト (4096の整数倍)と表示されていればとりあえずOKみたいです。
(うちはパーティション1個なので)
上の方に バイト/セクター 512  って書いてあるけど、OS側からは512に見えるそうで問題ないらしいです。
あれ?TrueImage2014は不要だったってことですかね-???もう買っちゃったし。

WD Align をダウンロードするときにアカウントを作りましたが、ちゃんと製品登録したつもりでも出来てなかったり、
他にこれといって出来ることはなさそうだし、意外なところで時間を使ってしまいました。
まーこれで当分は安心して仕事が出来そうです。

そうそう。dynabook AX/52F が10月に逝きました。歴代のデスクトップのMB等々もあり、邪魔なので廃棄しようとネットで調べていたら、川崎区に無料で引き取ってくれる業者さんがありました。スーパーカブに載せて現地まで行ったのですが、最後まで場所が分からず帰ってきて宅急便で送りました。なにやってるんでしょうね。
PDFの文書や図面を表示させていたdynabookの代わりに、中古の液晶ディスプレイRDT17GSを購入しました。
10年以上前のものです。これでやっとデュアルディスプレイになりました。
サイトには汚れや傷あり。と説明があり、実際お店まで行って受け取ってみると、やっぱ汚い。
でも、粘着材は灯油で取れたし、画面の傷と思われたスジも灯油で取れてしまいました。
傷ではなくて、なにかで擦った後なんでしょうね。ノングレアなので、画面表面の細かい凹凸に粒子が入り込んでいるようです。当時は7万円くらいだったのが3千円でした。
昔は高かったんですね。びっくりです。
持ち帰りのために、店員さんがネジ止めしてあるスタンドを外して袋に入れてくれたんですが、組み立てようとあけてみてびっくり。ネジが入ってませんでした。笑っちゃいました。(言いたいことあるけどここでは書けない)
うちにあるネジをぶち込んでやりました。
またしばらく冬眠します。


液晶ディスプレイが故障 [パソコン]

7月20日サブPCの液晶ディスプレイ ロジテック LCM-T192A/S (5年間使用) が故障。
電源を入れた瞬間だけ映像が映るが、後は真っ暗です。
安いやつでも買おうかと思案していましたが、どうせ捨てるなら、ダメモトで筐体をこじあけてみました。
電源回路の電解コンデンサが破裂。といっても、防爆弁が開いて内部の電解液が少し飛び散っています。
写真はちょっと見にくいですが、1000uF/25Vが2個とも。それに220uF/25V 3個は今にも破裂しそうです。
故障はしましたが、これは運が良かったかもしれません。電解液による汚染は殆ど無く、これらを交換すれば生き返るかもしれません。

P1000387A.jpg秋月電子のサイトで部品を注文。(21日)本日先ほど届きまして(22日13:00)早速、交換。
しかし便利になったものですね~。秋葉原まで行かなくても良いんですから。
期待したとおり電解コンデンサを交換して生き返りました~!!。
部品代、送料込みで¥1150-。助かりました。
仕事しろ!!って怒られそうです。

P1000383A.jpg

P1000384A.JPG


Team Viewerで遠隔ノートPCの整備 [パソコン]

最近、Team Viewerの記事ばかりですみません。
昨日、知人のノートPCが調子が悪いとのことで、Team Viewerを使って整備しました。
Windows VISTAが出た頃のPCでCelelon 1.6GHz(コアは忘れました)メモリ1GBに無理矢理VISTAを載せたものです。
とてつもなく重いです。インターネットエクスプローラーを起動してページが表示されるまで1分以上かかってました。
対策は、まず使っていないアプリケーションとバックグラウンドで動いていて不要なプロセスの停止およびプロセスに該当するアプリケーションのアンインストール。
それと、ウインドウズディフェンダーの停止。このPCではウイルスバスタークラウドを使っていたので同じ機能が2重に動作していてパフォーマンスが低下していると仮定したためで、トレンドマイクロのサイトにはウインドウズディフェンダーを停止した方がよいと書いてあり、やり方はマイクロソフトのサイトを確認せよ。とある。なんだかなーと思いながら作業を続行。
もう一つ、大きく(?)パフォーマンスを改善する方法として、視覚効果を必要最小限に設定すること。
これで当初から見ればかなり軽快になった。まぁーこれくらいかな。PCのスペックが低いから致し方ない。
仕事でバリバリ使う訳じゃないからがまんガマン。あるいは、誰でも簡単に使えるみたいに言ってたけどまったく訳が分からない。。。とストレスをためている人は少なくないでしょう。

これで、リモートからのPC整備もできたし、次は何をしようか思案中です。


Team Viewer自宅LANでの使用 [パソコン]

Team Viewerのメインメニュー「その他」から「Team Viewerのオプション」>「全般」で「ローカルネットワークでの接続(IPアドレス使用)」の設定で受信LAN接続を「同意」または「同意のみ」にするとLAN内での使用が可能になるようです。
パートナーIDは、ホームネットワークで使用しているコンピューター名を使うことになります。
LAN接続のみを使用する場合、上記のオプションは「同意のみ」にする必要があります。
(確認のためモデムのケーブルを引っこ抜いて!)
「同意」の場合はサーバーに接続していないと、機能しないようです。

セキュリティは万全だと言っているので、ここまでやる必要は無いのでしょうが。。。

アクセスが多いので、追記します。(2013/07/24) 

Windowsログオンを有効にするためには、
まず、メインメニュー その他→オプション→全般で
Windowsと同時にTeamViewerを起動を有効にします。
次に
ローカルネットワークでの接続(IPアドレス使用)
受信LAN接続 を 「同意」たは「同意のみ」にします。
「同意」はインターネット上のサーバーに接続します。
「同意のみ」はLAN内のみの通信になります。
続いて
セキュリティで
パスワードを設定します。
次に
このパソコンへの接続ルール
Windowsログオン でログオンできるユーザーを選択します。

以上で、PCが起動していてログオン画面が表示されていればリモートPCからログオンできます。


Team Viewerのプレゼンテーション機能やってみた [パソコン]

Team Viewerのプレゼンテーション機能を使ってみました。

プレゼン.jpgこれはおもしろい!。複数のユーザーが参加可能らしいですがその数は分かりません。リモートコントロールと同じくパートナーとの役割を変更すると即座に入れ替わります。
ホワイトボードに書いた内容は保存できます。
それとリモート側からアプリケーションを操作出来ます。一方通行でないところが良いですね。
多人数での遠隔会議にはすごく有用ですね。昔は高価な専用の機器が必要でしたが。。。
私的には今のところ出る幕がないと思いますが。
どこかのリゾートで会議に参加なんてのもいーですねェー(夢)

 


Team Viewerって [パソコン]

Team Viewerを使って、リモートでアルティウムデザイナーを動かせるか実験してみました。
川崎の自宅PCを横浜からノートPCで動かしてみる(距離は関係ないっか)。私が使っているアプリの中ではかなりおもい基板設計のCADです。
[ctrl]キー+マウス右ボタンによるズームイン・アウトは反応が鈍くて使い物になりませんが、[Page Up・Down]キーを使えば問題なし。
ほかの機能はまずまず問題なく使える範囲だと思いました。
その他、メールを自分でやりとり、skypeも同時に使ってみて全く問題ありません。
Team ViewerにはVoIPって通話機能がありますがskype仲間でTeam Viewerを使っている人がいないので、同時使用の可能性も考えてやってみました。

skypeは仲間同士で使っていますが、リモートでこんなことが出来てしまうのには驚きです。
10年ほど前にもリーモートでCADが使えるか試しましたが、ネット環境もソフトもPCも今とは比べものにならないので全く話にならなりませんでした。

しかし、セキュリーティーの面はどうなのかな???不安だらけです。専門家でもないし、あまり知識がないので不安です。お客様や知り合いの企業様の中でもskypeを導入しているという話は聞いていません。

skypeもTeam Viewerもインターネットに接続していないと動作しないようなので厳しいですが、
リモートコントロールなどは個人的に必要なときだけ使うか、インターネット接続なしで機能するソフトを使って家庭や企業などで、外部と切り離されたネットワークの中で使うのが無難なのでしょうね。基板の設計は別として、スマホやネットブックで好きな場所で仕事が出来るとか、膨大なマルチメディアのソースを持ち歩かなくてもいつでもどこでも音楽や映像を楽しめるっていうのも良いですね。
そんな生活してみたい。(団地生活者)


- | 次の10件 パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。