So-net無料ブログ作成
検索選択

CPUクーラーのファン交換 [パソコン]

昨夜注文しておいたファンが届いたので、早速交換。
型番とスペックは、まず古いのが
サイズ SY1225SL12LM-P 
ベアリング:スリーブベアリング
定格電圧:12V
ケーブル長:30cm 
回転数:0(+200)~1300rpm(±10%)(PWMによる可変)
ノイズ/風量:0dBA/0CFM ~ 26.50dBA/74.25CFM 
定格電流:0.18A
本体重量:117g

新しい方は
サイズ SY1225DB12M-P
回転数:200+300rpm ~ 1300rpm±10%
ノイズ / 風量:0.02~1.0mmH2O / 0.20~9.81Pa
静圧:0.02~1.0mmH2O/0.20~9.81Pa
定格電圧・電流:12V / 0.17A
ベアリング:日本製高精度ボールベアリング×2
寿命:MTTF35万時間(25℃)
重量:122g

ノイズ / 風量の表記が違っているが、箱には
3.0dBA/9.8CFM ~ 26.50dBA/74.25CFM 
と書いてあります。
大きな違いは、新しい方がボールベアリングを搭載していること。それ以外は同じです。

P_20160922_184851A.jpg

←こちらがパッケージと現品です。
交換してみた感想は、
まず、微振動が減りました。
古いファンがゴゴゴゴゴーって音を立てて振動している時は別として、静かにまわっているときでも、微振動がありました。古いせいもあると思いますが。モーターがはいっているので、回転に伴って振動するのは当然でしょう。
新しい方は、その微振動がかなり減っています。手で触った感触なので表現が難しいですが、確実に振動は減っていました。良い買い物をしました[手(チョキ)]
[手(チョキ)][手(チョキ)]

 
 
 
 
 

PALIT GeForce 9600 GTの爆音問題解決 [パソコン]

2009年頃購入したPALIT GeForce 9600 GT。初期モデル。購入して一ヶ月もしないうちにGPUクーラーがガリガリ音を発するようになってしまった。
ファンを分解してグリスを注入したら、なんとか今まで生きている。
しかし、風切り音がものすごくて「爆音」で有名??なほど。一日仕事をしているとあたまが可笑しくなりそう。
7年もガマンしたんだから今更と思ったが、やっぱり静かな方がいいよなあとGPUクーラーをネットで探したけれど、
近ごろはノーマルでそこそこ良いものがくっついているせいか、後付けのクーラーは品数が少なくなっている。
一番の原因は、古いボードを何時までも使っているのせいなんだけれど。。。
こんな古いボードにお金かけるのもばからしいので、700円の8cmPCケースファンを取り付けることにした。
回転数の制御はどうなってるかというと、ファンのコネクタが2pinなので電圧制御らしい。
さすがに初期バージョンですね。基板には4ピンのコネクタが実装できるように穴が空いている。
↓こちらがケースファンをつけたお姿です。ボードの下側の拡張スロットには何もさしていないので、スペースは問題なし!!

P_20160921_183237A.jpg非常に静かです。交換前は43度前後だったのが交換後は40度ほどで安定しています。
これで、鬱陶しい爆音ともおさらばです♪。
とか何とか言ってると、今度はCPUクーラーがゴゴゴゴーって振動し始めました。
叩くと少しのあいだは静かです。これは非常にヤバイです。
あすはCPUクーラーのファンを交換します。
お楽しみに!!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。