So-net無料ブログ作成
検索選択

Acrobat Standard DC と ATOK2010の相性 [仕事]

Acrobat Standard DC バージョン12(2015.006.30306) 

2015年リリースの永続ライセンス版を今年の2月に購入しました。
実家へ帰省しているときにどうしてもAcrobatが必要になり、

ダウンロード版を購入しようとしたのですが、ネット環境が悪くて断念。
仕方なく、往復3時間かけてなんとかデンキで在庫を購入してきたものです。

ノートPCにインストールして作業を終わり、なんとか対処することが出来ました。
このAcrobatをメインのデスクトップPCにインストールして使い始めましたが、

テキストボックス日本語を入力しようとすると、英数しか入力できません。
よく見ると、Acrobatでテキストボックスのコマンドを実行すると、
ATOKの環境設定が勝手に変わってしまって英数入力無変換モードになり、
手動でメニューをいじっても訳が分からなくなってしまいます。

ここ1ヶ月ほどこの状態で使っていましたが、ATOKは相性が悪いのかも??と思い、
MS-IMEを使ってみると、見事にすんなり日本語が入力できるようになりました。
AcrobatとATOKのどちらに原因があるのか分かりませんが、

穿った見方をすれば、、、なるほどそういうことも有りかもと思ってしまいます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

sophil

こんにちは
PDFとの相性はあるかもしれません。

一太郎に貼り付けたJPG画像がアクロバットでPDF化するとその部分だけが抜けた
ままPDF化されることがあります。
正常な場合もあって不思議です。
花子の画像を貼り付けた場合はPDF化では問題ありません。

アクロバットと一太郎のバージョンによる相性ではないかと想像しています。
海外系なのでマイクロソフトの方が向いていても国内でシェアが落ちた方は
向いてくれないかもしれませんね。
アクロバットのバージョンを追うのは費用面もあって躊躇します。


by sophil (2017-05-01 05:22) 

k-suguro

sophilさんこんばんは。
その通りだと思います。
Acrobat Ver.9と10では全く問題がなかったので。
ATOKも2010なので古いと言えば古いですから、置いて行かれても仕方ないかもしれませんね。
by k-suguro (2017-05-02 20:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: