So-net無料ブログ作成
検索選択

温度計キットの組み立て 続き [趣味]

温度計キット組み立ての続きです。
OP-AMP LM358とリレー2個、リレー駆動用のトランジスタ等を追加しました。
今回は回路図も掲載します。ただし、温度計キットの回路図は省略します。
ヒートシンクの温度を監視して回路の破損を防止する目的なので、リレーによる自己保持回路を追加しています。
回路は非常に簡単です。
が、自己保持回路をリセットする温度の設定を如何に単純化するかで一工夫しています。
通常動作では温度センサーICの出力を7セグLEDで表示させています。
これを温度設定の時にはVR1の出力を表示させるようにします。
その切り替えはSW2で行います。
U1 LM358 は、温度センサーICの出力と、VR1の出力電圧を比較して設定温度を超えると出力が"H"となり、リレーK2がONになります。
ここで、U1の正入力端子と出力端子に帰還抵抗R7 2MΩを接続していますが、これがないとリレーが"ビーーー”っと唸ります。
温度変化=U1 の出力の立ち上がりは、微妙に電圧が上下しながらユックリ増加するためにリレーの定格電圧まで一気に到達しません。
このため、リレーが動作を始める境界付近でON/OFFを繰り返して、唸ってしまうというわけです。
この回路では、2MΩで大体20mV=2℃のヒステリシスを持ちます。
この後は、いよいよ電子負荷回路の本体に合体します。何時になるかは分かりません。

P1000541a.JPG

温度スイッチSchematic Prints.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。